読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Docker Support で ASP.NET Core アプリを作る - Visual Studio 2017

Visual Studio 2017がいよいよ正式リリースされました。
個人的感想としたは「超目玉!!!」な機能は、感じられていないのですが、個々の技術要素は非常に興味深く思っています。
昔に比べて、各情報は小出しにリリースされるので上記のような感想を持つ形になるのでしょう。昔は大きな区切りで一気にいろんな機能がリリース、という流れだったので・・・

で、今回はVisual Studio 2017を利用し、ASP.NET Coreアプリ を Docker Support で開発実行してみようと思います。

Docker for Windowsのインストール

まずは Docker for Windows をインストールします。
以下のURLにアクセスし Stable channel 版をインストールすればOKです。

Install Docker for Windows - Docker Documentation

f:id:daigo-knowlbo:20170309015615p:plain

うまくインストールされれば、タスクトレイに例のクジラが現れます。

f:id:daigo-knowlbo:20170309015843p:plain

プロジェクトの作成

Visual Studio 2017を起動します。
メニューから「ファイル → 新規作成 → プロジェクト」を選択します。
テンプレートは「Visual C# → Web → ASP.NET Core Webアプリケーション(.NET Core)」を選択し、名前は「HelloAspNetCore」とします。ちなみに場所は「J:\Projects」としました。
OKをクリックします。

f:id:daigo-knowlbo:20170309020131p:plain

次に表示されたウィンドウで「.NET Coreのバージョンは1.1」「Web アプリケーション」を選択します。
そして今回最も重要なのは、左下の「Docker サポートを有効にする」にチェックをつけることです。
で、OKをクリックします。

f:id:daigo-knowlbo:20170309020210p:plain

自動生成されたソリューションは以下の通りです。
Docker構成(docker-compose)が自動生成されたことが確認できます。

f:id:daigo-knowlbo:20170309020424p:plain

Dcokerを設定する

VS上でそのまま実行(CTRL + F5)したいところですが、このままではエラーとなってしまいます。
Docker側の設定が必要です。
タスクトレイのDockerアイコン(クジラ)をマウス右ボタンクリックし「Settings…」を選択します。
Settingsウィンドウが表示されるので、左側のタブから「Shared Drives」を選択し、「システムドライブ(C)」及び「プロジェクトドライブ(J)」を Shared として、Applyボタンをクリックします。

f:id:daigo-knowlbo:20170309020848p:plain

更新&Docker再起動まで少し待ちましょう。
Settingsウィンドウの左下の表示が「Uodating Drives…」から「Docker is running」となったらOKです。

実行!

Visual Studio 2017に戻ってプロジェクトを実行しましょう!
(ビルド)ツールバーに「▶Docker」と表示されているので、これをクリックします(「CTRL + F5」でもOK)。

f:id:daigo-knowlbo:20170309021219p:plain

すばらしい!
Visual Studio 2017で作成した ASP.NET Coreアプリが、Docker上で実行されました!

f:id:daigo-knowlbo:20170309021236p:plain

本当にDockerで実行されたか確認する

あまりに簡単すぎて、これは本当にDokcerで実行されているの?
と、いうことで確認してみましょう。

コマンドプロンプトを開きます。
以下のdockerコマンドを実行してみましょう。

docker images
docker ps -all

結果は以下です。

f:id:daigo-knowlbo:20170309021546p:plain

うん、今作成したプロジェクトがdocker上に作成されています。

まとめ

VSのDockerサポートは.NET Coreのみの機能ですが、非常にシームレスに統合されているように感じました。
.NET Framework / .NET Core / Xamarinというマルチプラットフォームの統合は .NET Standard 2.0 であり、もう少し時間がかかりますが、.NET Core + Dcoker という点については、開発において色々な可能性を秘めているのではないでしょうか。