読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Visual Studio for Mac から ASP.NET CoreアプリをAzureにパブリッシュ!

Visual Studio for MacASP.NET CoreアプリをAzure App Service にパブリッシュしてみたいと思います。

では早速。(Visual Studio for MacGUIとウィザードが自動出力するコードのみを使ったノンコーディング操作で行きます。)

1. プロジェクトの作成

Visual Studio for Macを起動し、ASP.NET Core Webアプリケーションを作成します。
メニュー「ファイル → 新しいソリューション」を選択します。
「新しいプロジェクト」ダイアログで「.NET Core → App → ASP.NET Core Web App」を選択して「次へ」をクリックします。

f:id:daigo-knowlbo:20170414014406p:plain

プロジェクト名・ソリューション名を入力して「作成」をクリックします。

f:id:daigo-knowlbo:20170414014430p:plain

カラカラとNugetパッケージの復元が行われるので、完了するまで少し待ちます・・・

2. Azureにパブリッシュ

ソリューションからプロジェクト名を右マウスクリックし「Publish → Publish to Azure」をクリックします。

f:id:daigo-knowlbo:20170414015001p:plain

パブリッシュ済みのAzure App Serviceの一覧がリストされます。
今回は新規に追加したいので左下の「ニュース」をクリックします(ニュース・・・というか 新規 だと思う・・・)。

f:id:daigo-knowlbo:20170414014505p:plain

(そして更に、また謎の日本語のダイアログが表示されます)

f:id:daigo-knowlbo:20170414014516p:plain

Android サービス」・・・実際にはAzure App Serviceが作成されるのでご心配なく・・・
「作成済み」ボタン・・・「作成」と認識してください。
(この辺りは2017/4/14時点なので、そのうち正しい日本語にローカライズされるでしょう・・・)
まあ、Azureではおなじみの アプリ名 や リソースグループ名 価格プラン 等を入力します。
ちなみに今回は「プロジェクト名」は CoreWebApp1 としたのですが、Azureにパブリッシュする「アプリ名」は RdCoreWebApp1 としています。この名称は異なっていてもOKです。

パブリッシュが完了すると、ブラウザで対象アプリが実行されます。

f:id:daigo-knowlbo:20170414020000p:plain

3. Azureポータルで確認

Azureポータルに行き、今回パブリッシュしたアプリ(リソースグループ)を確認したのが以下の画像キャプチャです。

f:id:daigo-knowlbo:20170414015938p:plain

4. まとめ

はい!
サクサクっとVisual Studio for MacからAzureにパブリッシュできました!
Visual Studio for Macが Preview から 正式版 になるのが待ち遠しいです。
そして各種環境の.NET Standard 2.0実装がリリースされれば、更にWindowsMacの敷居が低くなるでしょう^^